テーマ:Kindleについて

三星です。

今日はいい天気ですね。

写真 2
@でっかいワンちゃんかわいい

写真 1
@アップル信者にはたまらない場所


さてさて、電子出版に関するこんな質問をいただいたので
回答をシェアしたいと思います。



電子書籍社長ブログ



いただいた質問はこちら!


質問:Kindleの印税は35%と70%と聞いたのですがどちらがいいですか?

「いい質問ですね〜」by池上彰


はい、印税(ロイヤリティ)についてですね。

仰る通りKindleで電子出版した場合、
印税率を35%と70%とのどちらか一方を選択する必要があります。

そこで、どちらを選べばいいかについては、
以下の条件の違いを見てご判断いただけければと思います。


——————————————————–
■35%ロイヤリティ(残り65%はアマゾン)
——————————————————–
・他の書店でも販売可能(楽天koboやiBooksストアなど)
・最安価格で販売が可能(99円)

——————————————————–
■70%ロイヤリティ(残り30%はアマゾン)
——————————————————–
・コンテンツはアマゾンのみで販売(他店での販売不可)
・250円以上で販売しなければならない
・最大5日間の無料キャンペーンを行える



大まかになりますが、
ロイヤリティに関する違いはこのようになっています。


ですので、もしあなたが他のストアでも配信するつもりなら35%ですし、
そうでないなら70%を選択すれば良いと思います。

また、販売価格も重要なポイントです。

250円以下で売りたい場合は70%ロイヤリティは受け取れませんので、
必然的に35%を選択するしかありません。


印税率はいつでも変更可能です

ロイヤリティについてはいつでも変更が可能なので、
例えば、最初はKindleだけで配信しようと思っていたけど、
後から他のストアにも配信したくなったら、

その時に70%から35%に変更すればOKです。

もちろんその逆もできますし、
無料キャンペーンを行いたければ、
KDPセレクトに登録し、70%に切り替えてから
キャンペーンを行えばいいのです。


いかがでしたか?

特に難しい事はないと思いますので、
ロイヤリティで迷った時は
今日の記事をお役立て下さい。


それでは!


電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に電子出版相談会を行っております。

・名刺代わりに出版したい
・低コストで出版したい
・専門家として一冊は出版しておきたい
・ブログ記事がたまったので出版したい
・出版して仕事につなげたい


など、

あなたの出版に関するお悩みや、
知りたい事をマンツーマンで
ご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、
下記からご確認をお願い致します。

電子書籍出版相談会


電子書籍社長ブログ



⇒【メールセミナー】電子書籍の全てが学べるメール講座はこちら

⇒【永久保存版】Kindle出版したいと思ったら知っておきたい6つの事

prof

youtububana

このブログでは電子書籍コンサルタントの三星タツヤが、個人が電子書籍を出版するときに役立つ情報をお届けしています。

Copyright © 三星タツヤ オフィシャルサイト All Rights Reserved.