テーマ:Kindleについて

仕事につながる電子出版を提案している、
電子書籍コンサルタントの三星です。

あなたが電子出版する時に、
どのように仕事につなげるかはメモこちらの記事をご覧下さい。

かなり久しぶりの投稿となってしまいましたが、
生きているので忘れないで下さいね。笑

さて、先日こちらの電子書籍の配信のお手伝いをさせていただきました。



インパクトのあるタイトルですよね。
最近は「食」への関心が高まっていますので、
ぜひこちらの電子書籍をご覧になってみてくださいね。

それと、今回は著者の本間さんのご希望により、
紙媒体でも書籍にできないか?というご相談をいただいたので、
小冊子にする事をご提案させていただきました。


↓実際に作成した小冊子はこちらです。


毒を食べる日本人

A5サイズで作成しました。

FullSizeRender (2)

ツヤのあるコート紙で作成したので品のある小冊子となりました。

FullSizeRender


なかなかいい感じですよね!

今回、小冊子の作成を行い、
電子と紙とで作成するのはとてもいいなと感じました。


本間さんはお仕事柄ご年配のお客様が多く、
電子書籍に慣れていないクライアントが多いという事で、
電子だけでなく紙媒体で”手渡し”できたらいいなという事だったんですね。


確かに電子書籍はとても便利なのですが、
電子書籍を読んだ事がない人や、ご年配の方などに買って頂く事は難しいので、
そういった方には小冊子として販売してあげればお客様からも喜ばれると感じました。

FullSizeRender


今回は200部印刷したのですが、
あなたがもしも、過去に配信した電子書籍の小冊子化をご希望であればご連絡くださいね。

また、紙へのこだわりがある方は、
「電子+小冊子」であれば、低コストで「最新と従来」の出版を両方実現できますのでおすすめですよ。

それではまた更新頑張ります。では!


このブログでは電子書籍コンサルタントの三星タツヤが、個人が電子書籍を出版するときに役立つ情報をお届けしています。

Copyright © 三星タツヤ オフィシャルサイト All Rights Reserved.