テーマ:Kindle豆知識

仕事につながる電子出版を提案している、
電子書籍コンサルタントの三星です。

あなたが電子出版する時に、
どのように仕事につなげるかはメモこちらの記事をご覧下さい。

さて、先日お伝えした企画中のイベントですが、
15日(木)に公開できそうです。

公開まで残り5日となりますので、
楽しみにお待ちくださいね^^

さて、本日はあなたの電子書籍を今より
もっとたくさんの方に読んでもらう方法について書いてみたいと思います。

 

・デパ地下から学ぶフリー戦略とは

私は池袋在住なのですが、ちょくちょく西武のデパ地下に
買い物にいきます。

そこでは美味しそうな食材や総菜などがたくさんあっていつも何を買うか迷ってしまいます。

そんな時に、

「試食はいかがですか〜?」

と、無料で食材を配っている店員さんの試食サービスに目が留る訳です。

(無料だし食べてみよう〜)

と私はありがたく頂くのですが、思った以上に「旨い!」となり
買う予定ではなかったのに、

ついついハムやウィンナー、
チーズやらをよく買ってしまいます。笑

これは、「フリー戦略」と呼ばれる
マーケティングの一種なのですが、

サービス提供者としては無料で
食材を配るだけで終わってしまうと当然赤字なのですが、

利用者の一定数が購入してくれれば黒字な訳です。

さらに、気に入ってくれればリピーターにもなってくれるので
無料の試食品をバラまいて、

より多くの人に食材の良さを知ってもらった
方がいいのです。

これはデパ地下の
「試食サービス」に限らず、
化粧品の無料サンプルや、

サプリメントの「5日分無料!」なども全くこれと同じです。

※ドモホルンリンクルや、やずやなどが有名。

このフリー戦略を電子出版でも実践する事で、
あなたの存在を知ってもらい、

あなたのファンを増やしましょう。

というのが今日のお話。

 

・Amazon Kindleで無料キャンペーンを行う

KDP(Kindleダイレクトパブリッシング)では、
書籍をKDPセレクトに登録すると、
90日間の間に”5日間だけ価格を無料”にする事ができる
無料キャンペーンというサービスがあります。

この無料キャンペーン利用すると、当然ですがいつもより露出が増えますので、
DL数が上がります。

DL数が上がるとランキングが一気に上昇します。

ランキングが上昇するとまた露出が増えますので、
あなたの書籍とあなたの著者名にぐっと注目が集まる訳です。

他にも無料キャンペーンを行うメリットは4つほどあります。

 

★メリット1★

・有料版に戻った時も露出が増える

実はこれには根拠はないのですが、過去に無料キャンペーンを行った書籍の
ほぼ全ての書籍が有料に切り替わったあとに購入数が伸びるという現象が起きています。

これは、おそらくですが、無料版でDL数が増えると
Amazon側が「この本が売れている!」と判断し、関連本などが表示された際に
勝手に宣伝してくれているのだと思います。
(※あくまで予想ですが)

 

★メリット2★

・レビューが増える

無料版でDL数が増えれば当然レビューが付く可能性がありますので、
ポジティブなレビューが増えれば今後の読者の購買に繋がります。

 

★メリット3★

・ブログのアクセスが増える

DL数が増えますので、当然ですが電子書籍内にあなたの
ブログリンクなどがあればそこへ飛ぶ読者も増えますので、

アクセスが増えます。

ブログを気に入ってもらえば定期的な読者になってくれるのでメリットです。

 

★メリット4★

・複数冊出版してる人は特にチャンス

複数冊出版してる人は、シリーズ物であれば1巻を無料にすれば、
2巻目も読みたくなるのが人間心理です。

コミックなどがよく「1巻無料!」になっていますが、2巻目が有料でも
1巻目を読んでしまった以上、あとには引けないこの感じ。
わかりますよね?笑

いかがですか?

これだけのメリットがあるのであれば、
やらない手はないですよね。

「無料になんてできない!」

とか、

「今まで有料で買ってくれた人に申し訳ない!」

という意見も分からなくないですが、
本が売れていないのであれば
試しに5日間だけでもやってみる事を
お勧め致します。

 

・無料キャンペーンのやり方は?

一番重要な無料キャンペーンの
設定方法ですが、

文字より動画の方が分かりやすと
思い、動画を撮りましたので
下記よりご覧下さい。

▼無料キャンペーンの設定方法



 

いかがでしたか?

あなたの電子書籍が一人でも多くの方に読んでもらるように
頑張っていきましょうね!

それでは!

企画の告知まで、

あと5日!!

三星

 

このブログでは電子書籍コンサルタントの三星タツヤが、個人が電子書籍を出版するときに役立つ情報をお届けしています。

Copyright © 三星タツヤ オフィシャルサイト All Rights Reserved.