電子書籍を出版する際に、ブログはやった方がいいか?




電子書籍を出版する際にブログはやった方がいいと思いますか?

答えは「YES!」です。
やらないよりは絶対にやった方がいいですし、記事はあなたの資産になりますのでストックメディアを保有するメリットは非常に大きいです。

おすすめのブログサービスは?

ちなみにブログサービスはどこでもいいですが、私としては初めてならまずはアメブロがおすすめです。

なぜなら、他のサービスに比べてコミュニュケーションツールが多いからです。

それは、

  • 読者登録機能
  • ペタ機能
  • ぐるっぽ
  • 検索に強い


これらを使えば他のブロガーに自分の存在(書籍の存在)を知ってもらう事ができるからです。

後はSEO対策してアクセスを集めてリスト(メルアド)を取れば出版時に一斉に告知もできます。なので、見込み客リストも絶対に作っておきましょう。

どんな記事を書けばいいの?

ブログに書く内容は、あなたが出版したい分野に関連した記事や、執筆中の近況報告などを書いておく事で事前にファンを作っておく事を意識して書いてみて下さい。

こういったブログを書いておけば、出版社からオファーがくる事もあります。

また、ブログやSNSといった個人メディアを持つ人とそうでない人を比べると、当然持っている人の方が強くなります。どういう事かと言うと、あなたが出版社の立場で考えてみると分かりやすいと思います。

例えば「起業」をテーマとした出版企画があったとして、AさんとBさんの2人の候補がいたとします。あなたなら下記の2人のうちどちらにオファーしますか?

AさんとBさん、どちらにオファーしますか?
【Aさん】

・ブログなし
・FBなし
・ツイッターなし
・リストなし

【Bさん】

・ブログ読者1.000人
・FB友達2,000人
・ツイッターフォロワー5,000人
・リスト1,000保有

確実にBさんにオファーしますよね。

なので、いきなり全部は難しいと思うので、まだブログをやっていないという方は今日から始めて下さい。

絶対に役立つ時がくるはずです。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。