【Kindle出版】著者セントラルの登録方法とメリットを分かりやすく解説




Kindle(KDP)には著者セントラルというサービスがあります。これは、あなたのプロフィールをWEB上に無料で公開できるサービスです。

本記事ではそんな著者セントラルへ登録する方法とメリットを分かりやすく解説したいと思います。

著者セントラルへ登録する3つのメリットとは

著者セントラルへプロフィールを公開するメリットは概ね以下の3つです。

  1. ユーザーが書籍を探し易くなる
  2. SEO対策になる
  3. 著者としての信頼度の向上

このようなメリットがあります。しかも無料なので、登録しない手はないですよね。それでは分かりやすく一つづず解説していきます。

①ユーザーが書籍を探し易くなる

試しに私が好きな池井戸潤さんの著者ページを見てみましょう。

このように、左側にはプロフィールなどの情報を記載できますし、何より視覚的に書籍を探しやすくなっているのが分かると思います。

また、フォローボタンもありますので、お気に入りの著者をフォローすることができます。

②SEO対策になる

次に「SEO対策になる」という事なのですが、Google等で名前検索された際、検索結果の上位に著者ページが表示されるようになりますので、書籍への導線がスムーズになる事で販促が期待できます。

③著者としての信頼度の向上

最後に、天下のAmazonさんに自分の顔写真付きでプロフィールが掲載されるということは「信頼」に繋がります。ビジネスを行う上で信頼ほど重要なものは無いのではないでしょうか。

例えば、初めて名刺交換した相手と何かしらの取引を検討したとします。そこで、名刺にある名前で検索すると、書籍を出版している上に顔写真付きでしっかりとしたプロフィールがAmazonに公開されていれば、まずは安心できますよね?何の情報もない相手だと取引するには不安です。

なので、著者セントラルにプロフィールを登録するだけで信頼度が向上するという訳です。

スポンサードリンク



著者セントラルへの登録方法①〜⑧

さて、それでは著者セントラルへの登録方法を分かりやすく解説したいと思います。

①まずは「著者セントラルページ」へ

まずはこちらから「著者セントラルページ」へ行き、「著者セントラルに参加する」ボタンをクリックします。

②規約に同意する

次に規約を読んでから「同意する」ボタンをクリックします。

③著者名を入力します

著者名を入力し「続ける」ボタンをクリックします。

➃自分の書籍を選択します。

すでにKindle出版されていれば、著者名であなたの書籍が画面上に表示されますので、その横にある「これが私の本です」ボタンをクリックします。

⑤確認し「私です」ボタンをクリックします

あなたの書籍で間違いがないかを聞かれますので間違いなければ「私です」をクリックしてください。

⑥メールアドレス内のリンクをクリックします

「私です」ボタンをクリックすると、登録しているメールアドレス宛に確認メールが届きますので、本文内のリンクをクリックしてください。

メール内のリンクをクリックすると著者セントラルへの登録は完了です。続いて「著者セントラルへ」ボタンをクリックしてください。

⑦著者ページを編集します

ここからいよいよプロフィールを編集していきます。まずは「Amazon著者ページへ」をクリックしてください。

⑧プロフィールを編集する

プロフィール編集ページでは、以下の4つの情報の編集と登録が可能です。

登録できる情報について
  1. 略歴
  2. 略歴にはあなたのプロフィールを掲載しましょう。htmlは使用できませんので、飛ばすことはできませんがURLなどの記載は可能です。

  3. プロフィール写真
  4. プロフィール写真は8枚まで掲載が可能です。データはPEG、PNG、GIFとなっており、写真サイズは幅と高さが300〜8,000ピクセルの間で登録してください。ファイルサイズは4MB以下です。

  5. イベント情報
  6. 出版セミナーなどのイベントなどを行う場合は、ここで情報を登録する事が可能です。

  7. 動画
  8. 動画をアップする事も可能です。ファイル形式はAVI、FLV、MOV、MPG、WMV、MP4などがサポートされており、アップできるファイルサイズは500MB以内です。

まとめ

いかがでしたか?登録方法は簡単の上に無料なので、登録しない手はないですよね。Kindle出版してるけど、まだ登録していない人はぜひしてみて下さいね。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。