【電子書籍】値付け方法について!相場や条件はあるのか?




電子書籍を個人で出版する時に、「自分の本にはどの程度の値段を付けるのが妥当なのか?」と値付けについてお悩みの方が多いようです。

そこで、本記事では一体どうやって値付けすればよいのか?そもそも相場のようなものはあるのか?といった“電子書籍の値付け方法”について触れてみたいと思います。

まずはじめに

基本的に価格の決め方は自由です。ですが、Kindleストアの場合ロイヤリティを35%にするのか、それとも70%にするかの選択によって値段設定に条件がありますので最初に覚えておきましょう。

ロイヤリティによる値段設定の条件は以下の通りです。

ロイヤリティによる値段条件
・35%の場合:99円〜20,000円以内
・70%の場合:250円〜1,250円以内

つまり、もしあなたが70%ロイヤリティを受け取りたい場合は必然的に250円〜1,250円以内で価格設定する必要があります。逆に250円以下で販売する場合はロイヤリティは35%になるという事を覚えておきましょう。

印税率(ロイヤリティ)に関しては下記の記事をご参照ください↓↓

販売価格の相場と値付け方法について

相場について

販売価格の相場については、紙書籍の市場から算出するのがベターかと思います。

紙の新書は8万〜12万文字が平均的と言われており、販売価格は概ね1400円〜1600円となります。つまり、平均を取ると10万文字で1500円となり、これを1文字あたりで計算すると0.015円(1500円÷100000文字)が新書の相場となります。

スポンサードリンク



値付け方法について

前述したとおり、紙の新書の相場が1文字0.015円なので、この数字を目安に値付けしてみるのも一つの方法だと思います。

例えば、あなたの原稿の文字数が2万文字だった場合、

・20,000文字×0.015円=300円

とする方法です。

例)3万文字の場合:450円 5万文字の場合:750円

この方法であれば、文字数に対する値段のバランスは取れると思います。

紙書籍と同一の内容を電子版で出版する場合(※70%選択時のみ)

Kindleストアでは紙書籍と同一の内容を電子版で販売する際には下記の条件があります↓↓

  • 希望小売価格が、同一内容の印刷書籍の最低希望小売価格よりも20%以上安いこと。

つまり、紙書籍が1500円の場合、同じ内容の本を電子版で販売する時は1200円以下で売らなければならないというルールがあります。
参考:ロイヤリティオプションについて

まとめ

いかがでしたか?電子書籍の値付けには決まりがあるわけではありませんが、ストアの利用条件を考慮しつつ、紙市場の相場から値付けするのも一つの方法かと思います。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。