Kindle本をブログやWEBサイトに埋め込む簡単な方法




Kindle本を購入する前に、無料サンプルをダウンロード(全体の10%だけ)して立ち読みができる事はご存知ですか?PCであれば「今すぐ無料サンプルを送る」、タブレットであれば
「サンプルをダウンロード」で読む事ができます。例えばこのサンプルをブログやWEBサイトに埋め込めたらもっとたくさんの人にあなたの電子書籍をPRできると思いませんか?

論より証拠という事で、まずは実際に埋め込まれたものをご覧下さい。

Kindle本をWEBサイトに埋め込むとこんな感じ



(※実際は縦書きです。)

このようにWEBサイトに埋め込む事が可能です。

ページ送りや、文字サイズの変更、背景カラーの変更、行間の変更も可能です。

(設定方法)
あなたのKindle本をブログやWEBサイトに埋め込む方法___個人が電子書籍を出版するためのブログ|電子書籍を使った集客方法・仕事につながる出版方法をお届けしています!

ただ、現在は横書きのみで、縦書きには対応していないようです。

ちなみに漫画もいけます。



(※いまさらハマっているジョジョ。)

いかがですか?

これって地味に凄いですよね。自分のブログやサイトで公開すれば、かなり興味もってくれると思います。

Kindle著者は使わない手はないですね。

埋め込み方法について

埋め込み方法は非常に簡単で、下記のタグを貼付けるだけです。

/////ここから//////

<iframe src=”http://kindleweb.s3.amazonaws.com/app/1.0.11.053.093655/KindleReaderApp.html?asin=ここにASIN番号を記載してください&amp;assoctag=ここにアフィリエイトコードを記載してください。” width=”550″ height=”600″ frameborder=”0″></iframe>

/////ここまで//////

修正箇所としては、
「ここにASIN番号を記載してください」の所を、
あなたのKindle本の「ASIN」番号に変更するだけです。

※アフィリエイトコードが分からなければそのままでも大丈夫です。
※このタグはこちらのブログを参考にさせていただきました。

「ASIN」番号の調べ方は、あなたのKindle本の販売ページへいき、「登録情報」欄で確認が可能です。

Amazon_co_jp__これだからワインは素晴らしい!!__これ一冊であなたもワイン通!!ワインに絡む面白いお話が満載!!_電子書籍__岡本隆裕__Kindleストア

最後に

電子書籍のPR方法の一つとしては、かなり使えるツールだと思います。化粧品の無料サンプルと同じで、ちょっと使ってみてよければ本体を買いますよね。

まさしくそれと同じで、冒頭を読んでみて面白そうだと感じてもらえれば、そのまま読んでもらえるはずです。

また、最大のメリットは、Kindleは使ってないけど、ブログやサイトは見るって人にPRできるという点だと思います。

ただし、その時に注意したいのは、タブレットがなくてもKindleアプリをインストールすればiPhoneやスマホでも読めるという事を伝えるようにしてください。

Kindle端末(タブレット)がないと、Kindleの電子書籍は読めないと思っている人は結構多いです。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。