【Kindle出版】印税率は35%と70%のどちらにしたらいいのか?




Kindle出版には印税率35%と70%の2つの選択肢があります。この違いは一体何でしょうか?当然税率が高い方が著者としては嬉しい訳ですが、必ずしも70%を受け取れる訳ではありません。

本記事ではこの印税(ロイヤリティ)について触れてみたいと思います。初めてKindle出版する歳のお役に立てば幸いです。

印税率(35%と70%)の違いについて

前述した通り、Kindleで電子出版する場合、印税率を35%と70%とのどちらか一方を選択する必要があります。

そこで、どちらを選べばいいかについては、
以下の条件の違いを見てご判断いただけければと思います。

印税率の違いについて
  • 35%ロイヤリティ(残り65%はアマゾン)
  • ・他の書店でも販売可能(楽天koboやiBooksストアなど)
    ・99円〜20,000円以内で販売できる

  • 70%ロイヤリティ(残り30%はアマゾン)
  • ・コンテンツはアマゾンのみで販売しなければならない(他店での販売不可)
    ・250円〜1,250円以内で販売しなければならない
    ・同じ書籍の紙版よりも20%以上安くなければいけない

大まかになりますが、ロイヤリティに関する違いはこのようになっています。

ですので、もしあなたが他のストアでも配信するつもりなら35%ですし、そうでないなら70%を選択すれば良いと思います。

また、販売価格も重要なポイントです。

250円以下で売りたい場合は70%ロイヤリティは受け取れませんので、必然的に35%を選択するしかありません。

スポンサードリンク



印税率はいつでも変更可能です

ロイヤリティについてはいつでも変更が可能なので、例えば、最初はKindleだけで配信しようと思っていたけど、後から他のストアにも配信したくなったら、その時に70%から35%に変更すればOKです。

いかがでしたか?

特に難しい事はないと思いますので、ロイヤリティで迷った時は今日の記事をお役立て下さい。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。