【Kindle出版】メリットとデメリット電子出版する前に覚えておこう




Kindle出版は誰でも無料で出版する事ができますが、出版前にそのメリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。そうする事で、あなたが出版する目的が明確になったり、あなたにとってKindle出版が本当に必要であるのかどうかが分かりますのでぜひ参考にしてみて下さい。

Kindle出版とホリエモンが提唱した儲かる4原則の共通点とは

私はホリエモンの書籍が好きでよく読むのですが、Kindle出版は「ホリエモンの儲かる4原則」に当てはまります。

ホリエモン4原則とは
  1. 初期費用が掛からない
  2. 在庫がいらない
  3. 利益率が高い
  4. 定期収入が入る

というもので、これに当てはまるものは儲かるのでやった方がいいというもので、Kindle出版はこの原則に全て当てはまります。

一応解説しておきます。

①初期費用がかからない

自分でセルフパブリッシングする事ができれば初期費用は掛かりませんし、仮に代行業者に頼んだとしてもそれほど大きなコストにはなりません。

②在庫がいらない

当然ですが電子書籍はデジタルデータになりますので、在庫を抱えるというリスクはありません。

③利益率が高い

アマゾンへの手数料以外は全てロイヤリティという形であなたの収益になります。(最大70%受け取れます。)全て自分でやればあなたが書いた文章が商品ですので原価ゼロでお金になります。

➃定期収入が入る

一度配信すればあとは販促に力を入れるだけです。もちろんアマゾン側のオススメ機能でも勝手に宣伝してくれますので自動で売れる仕組みを利用し、印税という不労所得を得られます。

ご覧頂いた通り、Kindle出版は「ホリエモンの儲かる4原則」に全て当てはまります。

Kindle出版のメリット①〜⑪

Kindle出版の私が考えるメリットを以下にまとめました。

  1. 費用が掛からない
  2. 割と簡単に配信できる
  3. マーケットは世界
  4. 高い印税率(最大70%)
  5. Amazonに自分の書籍がならぶ(信頼)
  6. 有名作家と同じ土俵に上がれる
  7. 在庫がない上に絶版もない
  8. アップデートがいつでもできる
  9. Kindleストアは国内No.1シェアである
  10. SEO対策になる
  11. 集客ツールとして活用できる

といったメリットがります。

例えば⑥などは、実際に私のお客様の書籍は村上春樹やホリエモン、池井戸潤といった超有名人の書籍よりもランキング上位になった事があります。

これはかなり強いブランドになりますし、周囲からの反応の凄さに本人が驚いていました。

また、Amazonは超巨大サイトですので、検索の上位になりやすく、あなたの名前で検索された時や、キーワードで上位表示されますのでこれはかなりのメリットです。

※Kindleには著者プロフィールを無料で登録できるサービスもあり、ここに登録すると信頼にも繋がりますのでご利用ください。

スポンサードリンク



Kindle出版のデメリット

そんなKindle出版ですが、デメリットもありますので知っておきましょう。

Kindle出版のデメリットは以下が考えられます。

  1. コンテンツの内容が悪ければ逆ブランディングになる
  2. 場合によっては独占販売権を取られる(KDPセレクト登録時)
  3. 編集者フリーである

このようなデメリットが考えられます。

最後の「編集者フリーである」についてですが、これは、Kindle出版は自分でセルフで出版できるという素晴らしいプラットフォームなのですが、裏を返せば「全て自分でやらなければいけない」という事です。

通常は出版社の編集者がいて、内容や構成はもちろん、客観的な意見を言ってくれたり、販促も手伝ってくれたりしますが、それらを全てやらなければいけないので、デメリットといえばデメリットですが、必要であれば専門の方に任せるのも一つです。

まとめ

このように、デメリットを知り、事前にしっかりと対策をしておけば、ほぼメリットのみを享受できますので、ぜひ今日の記事をお役立ていただければと思います。

Kindle出版のメリットとデメリットが分かったら、次は「原稿を作る前に知っておきたい事」がいくつかありますので、まずは「売れるジャンルと売れにくいジャンルを知っておこう」をご覧ください。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。