【Kindle出版】売れる曜日・売れる時間帯・ランキング攻略のコツとカラクリを暴露




Kindle出版したのに全然売れない!という結果にならない為に、本記事ではKindle出版する前にぜひ知っておいて欲しい「売れる曜日」「売れる時間帯」「ランキング攻略」の3つについてご紹介させていただきます。

Kindleストアのランキングとは

Kindleストアには、今売れている書籍を読者が分かりやすく探せるように「売れ筋ランキング」というものが存在します。このランキングは、ジャンルやカテゴリ別に細かく分類されており、この“ランキングを見て本を買う読者は非常に多い”です。

Kindleストアの「売れ筋ランキング」。左側が有料TOP100、右側が無料TOP100。

ランキング攻略こそが電子書籍を売る重要なファクターである

売れ筋ランキングの上位に入ればかなりの数のユーザーの目に触れることになりますので、よほどニッチなジャンルや内容じゃない限りそれだけで売れます。

ミツボシ
以前に私のクライアント様で、売れ筋ランキング2位になった方は1日に400冊以上売れました。

このことから売れ筋ランキングがどれほど重要かという事がご理解いただけたと思います。

Kindleストアのランキングの仕組みについて

さて、売れ筋ランキングを攻略することの重要性がご理解いただけたら、次はこの売れ筋ランキングはどのようにして格付けされているかを抑えておきましょう。Amazon(公式)からはこのようにアナウンスされています↓↓

ベストセラーのランキングは、Amazon.co.jp での売上に基づいて決まります。Amazon.co.jp で販売されているすべての商品の最新販売数と累計販売数を反映して、1時間ごとに更新されます。

これによると、“1時間毎に販売数が集計され、それを基にランキングが更新されている”という事がお分かりいただけると思います。

ではどうすればランキングが上がるのか?

Kindleストアのランキングの仕組みだけ分かっても何の意味もありません。つまるところ、多くの方が“どうすればランキングが上がるのか?”←ここが一番知りたいはずです。

もちろん純粋に売れれば自然とランキングは上がるのですが、できれば効率的かつ戦略的に上げる方法があるなら知りたいですよね。

そこで、以前こんな仮説を立てて検証してみました。

仮説 ①
1時間の間に注文を集中させる事ができればランキングは飛躍するのではないか?

という仮説です。

前述したとおり、ランキングは1時間ごとに販売数が集計されるので、例えば10冊の本を売る時に、1時間に1冊を10時間かけて売るよりも、1時間以内に10冊売ったほうがランキングは上がるのでは?という理屈を基にしています。

売れる曜日と売れない曜日について

さらにこんな事も考えてみました。どうせならKindleストア全体で電子書籍が売れない(であろう)曜日や時間帯に注文を集中させる事ができればより効果的なのではないか?と。

そこで早速「売れている曜日」と「売れていない曜日」を調べてみました↓↓

上のグラフは、あるクライアント様の9月1日〜10月31日までのKDPレポートなのですが、これを見ると「売れている曜日」「売れていない曜日」がはっきりお分かりいただけるかと思います。

もちろんたった一人の2ヶ月分のデータだけで全てを判断するのは浅はかではありますが、他の方のレポートをみてもほぼほぼ同じような結果だったので、参考になるデータとして捉えて問題はないと思います。

ちなみに、

売れている曜日は日曜日が最も多く、その次が月曜日でした。このことからおそらく日曜日の夜から月曜日にかけての間が一番売れると判断しました。

次に売れていない曜日ですが、これは火曜日が最も多くその次が木曜日でした。

ポイント ①
Kindleストアは、日曜日の夜が最も売れて、火曜日が一番売れないという事が分かりました。
スポンサードリンク



このデータを基にランキングを効率的に上げるには?

ではこのデータを基にランキングを上げる方法を考えてみると、次の新しい仮説が立ちます。

仮説 ②
売れる曜日・時間帯よりも、売れない曜日・時間帯に注文を集中させた方がランキングは上がりやすいのではないか?

という仮説です。

え?! 売れる曜日じゃないの?

と思った方も多いかと思いますが、確かに一見すると売れる曜日に注文を集中させた方がランキングは上がりそうですが、これは全くの逆です。

なぜなら、売れる曜日はライバルの書籍も売れてしまいますので、そうなると当然あなたの書籍のランキングも上がりづらくなるからです。

逆に、ライバル達の書籍が売れていない時にあなたの書籍が売れればランキングは上がりやすいと思いませんか?では一番売れない火曜日がいいのかというと、これも正解とは言えません。

では一体いつなのか…

ずばり、土曜日の夜です!

なぜなら、売れる曜日の前日にランキングを上げておいて、元々売れる日曜日からの注文でさらに数字を伸ばせるからです。(←ここ重要)

実際にこの仮説を基に4名のクライアント様で実践してみた所、こんな結果になりました↓↓

画像は一部のランキング実績ですが、このノウハウを駆使して施策した事でこのような結果を得る事ができました。

ただ実際には1時間という短い時間の中で注文を集中させるというのは現実的ではないため、土曜日の夜の間に注文を集中させるような施策をしてみました。

注文を集中させる施策方法については、クライアント様に土曜日限定のイベントを打っていただき、友人知人にも購入日を土曜日に指定して買ってもらうようにとお願いをしました。

まとめ

いかがでしたか?仮説を立てて検証したところ以下の結果となりました。

検証結果

Kindleストアでは、土曜日の夜に注文を集中させる事で効果的に売れ筋ランキングを上げる事ができる。

今日の情報があなたがKindle出版する際のお役に立てば幸いです。

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。