電子書籍【売れるタイトルの作り方】どんなタイトルが売れるのかを解説




電子書籍をより多くの読者に読んでもらうにはタイトルが最も重要です。

ユーザーがストアでタイトルに目を通す時間はわずか0.3秒といわれていますので、そのほんのわずかな一瞬で興味を持たせてタップさせる必要があります。

ここではどうすれば読者の目を引き、タップされるタイトルを付ける事ができるのかを解説したいと思います。

まずはじめに

いい本とは「読者にとって価値のあるコンテンツ」です。という事は、価値のないコンテンツに「売れるタイトル」を付けてあたかも価値があるかのように見せて売ることはNGです。(当然ですが…)

しかし、これは言い換えれば“タイトル次第で読者にとって価値があるようにも無いようにも見せる事ができてしまう”という事でもあります。それほどタイトルには大きなパワーがあるという事を理解していただければと思います。

売れるタイトルを付ける2つのステップ

それでは早速売れるタイトルの作り方を2つのステップに分けて解説していきたと思います。

ステップ①:ターゲットを明確化させる

電子書籍を書く時には大きく2つのパターンがあります。それは、

  1. 市場ニーズから逆算して本を書く方法
  2. 市場ニーズとは関係なく書きたい本を書く方法

この2つです。

当然売れる電子書籍を出版したいのであれば、市場のニーズや時代性から逆算して本を書く必要がありますので、①の方法で書く事を前提として解説します。

ステップ1では、ターゲットをより具体的かつ明確に絞り込んでいく事が重要です。どういう事かと言うと、例えばあなたのターゲットが「サラリーマン」だとした場合、そのままサラリーマンをターゲットとするのではなく、もう一つ二つ下の階層まで掘り下げてターゲットを明確にしていきます。

例えば…

・お金に悩んでいる20代男性サラリーマン
・老後に心配を抱えている定年間近のサラリーマン
・上司と部下の関係に問題を抱える30代のサラリーマン
・出世したい30代サラリーマン
・奥さんと上手くいっていない40代サラリーマン
・ダイエットしたい40代サラリーマン

といった具合です。このように年代や状況を明確にすることで、同じサラリーマンでもアプローチの仕方が全く変わってくることが想像できると思います。

ここで重要なのはどういった悩みを抱えているのか?という視点で考えるのもポイントです。

ポイント①
このように、ターゲットを明確化させる事を「ペルソナの作成」といい、ターゲットの人間像を具体的に作成していき、商品開発に役立てる方法です。電子書籍のタイトルを付ける際にも応用しましょう。

ステップ②:刺さるフックワードを見つけ出す

ペルソナを作成し、ターゲットを明確に絞り込んだらそのターゲットに関連したキーワードを書き出していきます。実際に、先ほど挙げたサラリーマンを例に考えてみましょう。

例えば「お金に悩んでいる20代男性サラリーマン」であれば下記のようなキーワードが考えられます。

・貯金術
・儲かる
・副業
・投資
・株
・FX
・保険
・ギャンブル
・年収1,000万円
・月収100万円
・不労所得
・印税収入
・積み立て
etc

このようにキーワードを書き出したら、次はこれらを組み合わせたり、フックになりそうなワードを付け足してタイトルを考えていきます。

・35歳までに1,000万円貯める株式投資術
・月収20万円から月収100万円を稼ぐ思考のカラクリ
・お金の悩みから解放!保険を知れば1,000万円はすぐ貯まる!

いかがですか?

関連キーワードにプラスして、「35歳まで」「月収20万円」「お金の悩みから解放」といった、ターゲットに刺さりそうなフックワードを入れる事で、ユーザーは「おや?」というリアクションになり思わずタップせずにはいられなくなる訳です。

このように、売れるタイトルには、必ずターゲットに対してフックとなるワードが入っています。ですので、あなたが電子書籍のタイトルを付ける時にはこのフックワードを必ず付ける様にして下さいね。

ポイント②
キーワードは最低でも30個は書き出すようにしましょう。それらを組み合わせていくと「これだ!」というようなタイトルに行き着くはずです。

まとめ

売れるタイトルを作るには、

  1. ターゲットを明確にする(ペルソナの作成)
  2. そのターゲットの悩みを見つけ出す
  3. ターゲットに刺さるフックワードを探す
  4. 組み合わせる

という流れで作成してみてください。もちろん類書などを参考にしてみるのもおすすめです。

また、こちらの「覚えておきたいベストセラー14パターン」という記事には、書籍のタイトルを14のパターンに分類していて非常に参考になりますのでご覧ください。

三星

最後までご覧いただきありがとうございます。次のページでは電子書籍の原稿の書き方を解説していますのでご覧ください↓↓

電子出版個別相談会のお知らせ

毎月定期的に「電子出版個別相談会」を行っております。

  • 名刺代わりに出版したい
  • 低コストで出版したい
  • 専門家として一冊は出版しておきたい
  • ブログ記事がたまったので出版したい
  • 出版して仕事につなげたい


など、あなたの電子出版に関するお悩みや、知りたい事をマンツーマンでご相談いただけます。

今月の日程確認とお申し込みは、下記からご確認をお願い致します。

 













Kindle出版代行サービスのご案内

Kindle出版するにはepubデータの作成や、面倒な登録作業が必要となりますが「Kindle出版代行サービス」なら、それら面倒な作業を全て代行させていただきます!

Kindle出版すれば、あなたの電子書籍は名刺代りとなり、ネット上でもリアルの場でも大活躍!あなたの伝えたいメッセージや魅力を多くの人に届ける事ができる最強のツールになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

電子書籍コンサルタント ミツボシ

2012年から電子書籍コンサルタントとして活動開始。これまでに250冊以上の電子書籍制作に携わってきました。Kindle有料総合ランキング2位、部門別1位獲得30冊以上など、多くの方の電子出版をサポートしてきた実績を活かし、これから電子出版をしたい人に向けて情報をお届けしていきたいと思います。