テーマ:

電子出版実績     (過去に配信した電子書籍の一部。※表紙制作のみも含まれております。)


私は、過去40冊以上の電子書籍の出版をサポートし、
その内、KindleランキングTOP10入り4冊、
総合ランキング2位獲得、部門別1位獲得15冊以上といった
実績を出すサポートをさせていただきました。

ここでは一部ですが、そんな電子書籍を出版された方達から、
お手紙を頂戴しておりますので、

あなたが電子書籍を出版する際の参考にぜひご覧下さい。
電子出版を迷われている方にはとても役立つ情報になると思います。


▼電子出版を果たされた著者の方へ、直接インタビューする企画もご好評です!
⇒ 著者インタビューページ


お客様の声1:ボディトレーナー アレンアントニオ恵様


モテる筋トレ

アレンアントニオ様からのお手紙:

 今回、私がなぜ出版を行なかったかと言いますと、私自信多くの方々に自身の経験を踏まえた新しい筋トレ・ダイエットの情報を多くの方々に知っていただきたいと思い出版しようと考えました。ただその中で、実本で出すとなると費用が掛かりますし、在庫になる等のリスクが付き物です。その点電子書籍であれば、リスクを最大限に抑えることかでき、この情報化の時代にマッチした読書の形だと思い出版したということがあります。

 出版をしたことで多くの方々から反響があり、ビジネスで契約まで繋げることもできました。また、多くの方々に信用を持って頂ける点も挙げられます。それは言い方を変えれば「箔が付く」とでも言いましょうか。この点だけでも本当に出版を行ってよかったと感じました。さらに、今回の三星さんのサービスを活用させて頂いて特に良かった点は、デザインの構成や提案、内容の構成等も親身になって考えてくださるので非常に助かりました。

 これから出版を考えていらっしゃる方がいたら間違いなく出版することをオススメします。私自信色々な出版社を見させて頂きましたが、サービスの充実さではKindle出版サービスが一番だと思われます。非常に感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。

アレンアントニオ
タイトル:モテる筋トレ術
著者名:アレンアントニオ恵
ブログ:88日でー23.5kg!ラクティスダイエット
美容・ダイエット部門で1位獲得

kindlebottun






お客様の声2:ライフコーチ 永野亮太様

dekinai
永野亮太様からのお手紙:

 はじめまして、ライフコーチ兼、作業療法士の永野亮太と申します。この度、「できない」を「できる」に変える7つのカギを出版させていただきました。私は数年前から自分が学んできたことをシェアできればと思い、自分の書籍を出すことを夢に思い描いてきました。今回、ご縁があって念願の電子書籍を出版することができました。なぜ、電子書籍かというと、現在大手出版社も一斉に電子書籍化してきています。

 これからの時代は紙として残すものと電子書籍として残す物を使い分けていく必要があると思います。電子書籍は巻末にフェイスブックやブログなどへのリンクをつける事ができる点ではつながりを作りやすい宣伝ツールになると思います。書籍は自分の名刺代わりだとも言えます。初めての電子書籍出版でしたが、企画、構成、表紙の作成など丁寧にサポートをしていただき、自分が思っていた以上の書籍がスムーズにできあがりました。初めての方から何度も出版の経験がある方まで、ステップバイステップでサポートしていただけるので安心して出版できると思います。

永野亮太さん
タイトル:「できない」を「できる」に変える7つのカギ
著者名:永野亮太

ブログ:~仕事と家庭の両立に悩む方へ~作業療法士永野亮太
実践経営・リーダーシップ部門で1位獲得
投資・金融・会社経営部門で2位獲得

kindlebottun




お客様の声3:経営顧問・社会保険労務士・行政書士 岡本隆裕様

hyoushi
岡本隆裕様からのお手紙:

 30数年の商社勤務の後、経営顧問、社会保険労務士、行政書士の事務所を開業して3年目になる岡本隆裕です。商社時代に世界50か国以上を飛び回った際の体験を、毎月発行の事務所Newsの中で海外体験記として連載中ですが、読者に非常に好評でしたので出版の機会あれば実現したいと考えていました。そういう時に、三星さんからご案内戴いた電子出版は、先ずは費用が極めて低コストで済むというメリットがありました。

 そして、Kindle本として出版に至るまで、タイトルや表紙レイアウトについてのアドバイスや、世界各地の写真の挿入等につき、出版が初体験の私に対し親身にお世話戴きました。その結果、ご案内を最初に戴いてから、発刊までの期間が何と、約2週間という、紙での出版では考えられない短期間で完成し、『これだから海外は面白い!!』というタイトルでAMAZONから出すことができました。

 発刊日の今日(4月8日)、この文章を書いておりますので、実際にこれからどれ位の販売数量となるのか分かりませんが、既に「購読したよ」という連絡が続々と入りつつありますので、大いに期待しているところです。これから出版しようとお考えの方には、上記経験から、先ずは電子出版をされることを強くお奨め致します。

これだから海外は面白い タイトル:これだから海外は面白い!!世界50カ国を回って知った、ガイドブックには載っていない話
著者名:岡本隆裕
海外旅行部門で1位獲得
ホームページ:こちら
歴史部門で1位獲得
Kindle総合ランキングで2位獲得


kindlebottun






お客様の声4:日本人間関係心理士協会理事長 山田博夫様

人間関係力

山田博夫様からのお手紙:

 “ハイクオリティ、ローコスト、フレンドリーサービス”で決定。2014年4月にEBPから「人間関係力をきたえる九つの心理セラピー」を出版させていただいた山田です。原稿をEメールでお送りしてから約2週間、あっという間に、こちらの各種要望通りに出版いただき感謝しております。今まで数冊紙の書籍を出していますが、新境地を開拓したく、電子出版を検討中でした。

 他社でなく三星さんにお願いしたのは、WEBサイトに三星さんの顔写真が出ているので、まあ変なことはしない、出来ないだろう!(失礼)、低コストである、電子出版に関し詳しそうだ、という点からでした。実際何度かEメールでやり取りしましたが、若いにかかわらず(若いから?)、PCのスキルが高い、ローコスト、かつ親切丁寧な応対で早い、等のメリットがあり満足しています。原稿さえ書いて送れば、高い印税ですぐにも書籍になるという便利さは、著者にとっては有難いものです。今後機会あれば少しでもPRしていただければ幸いです。

その反響により続編の発刊も考えております。皆様方にはEBPの活用を推薦いたします。

山田博夫さん タイトル:人間関係力を鍛える9つの心理セラピー
著者名:山田博夫

kindlebottun









ご利用いただいた電子書籍出版代行サービスはこちら
↓↓

Kindle出版代行





お客様の声5:軍事評論家・日本モデルロケット協会理事 西條寿雄様


ロケットと火薬

西條寿雄様からのお手紙:

 今回アマゾンKindleより出版された電子書籍「ロケットと火薬の歴史書」は、数年前にネット書店より出版されておりますが、時期尚早だった為か期待した程にダウンロード数は伸びませんでした。多くの書き手としては、印税の割合が紙書籍より手厚く、さらに世界中に配信されるのでアクセス数が多いのがとても魅力となっております。Kindleの個人出版は、WEB上の作業が苦手な方には手続きが難しく、出版代行社に頼むのが一般的の様です。

 基本的に紙書籍の自費出版のようなものですが、代行社に頼んでも手数料はそれほどかからず、利用しやすい良くできたシステムだと思います。皆様におかれましても、個人出版される事は大変有益な事だと思いますのでぜひご検討下さいませ。今回の出版代行は三星さんに依頼しましたが、写真や図等の追加イレギュラー作業にも低料金で快く応じてくれて感謝しております。次回以降の出版についても利用致しますのでよろしくお願い申し上げます。

タイトル:ロケットと火薬の歴史書
著者名:西條寿雄
ホームページ:日本モデルロケット協会理事

kindlebottun





お客様の声6:学校法人古川学園校長 若山壽之様


koutyo_1

若山壽之様からのお手紙:

 学校法人古川学園中学校・高等学校の校長をしている若山です。(学園のホームページでご確認ください。)4年間の公立高校の民間人校長の経験を出版させていただきました。なぜ電子出版にしたかは、出版業界の紙製本の売上が急速に下降していてこの数年で半分以下になっているので、電子出版にしようと決心しました。3万字原稿で約5万円のEPUBへのデータ変換と表紙作成やいろいろなノウハウ教授がリーズナブルであると考え、ワード9万余字の原稿を約8万円でお願いいたしました。

 実際には驚くような表紙デザインをしていただきタイトルについても的確なアドバイスで見違えるような仕上がりとなりました。満足というより感謝しています。質問等メールでのやりとりが数十回ありましたが、懇切丁寧に対応してもらいました。申し込みから約一か月かかりましたが、納得のいく成果品となりました。当初は自力ですべてやろうと考えていましたが、EPUBの縦書き変換や各種リーダー機種に対応できるようにしたり、表紙デザイン等でかなりの障壁があることに気づきました。

 年に何冊も発行するならそれも本気で挑戦しますが、数年に一冊のペースではシステム環境も進歩するだろうし無理だとわかりました。Kindle出版サービスを選択してよかったことは、メールでのやりとりでかゆいところまで手の届く対応と、当方のうっかりミスも確認して指摘や注意をいただいたことです。これから電子出版しようと考えている方へ。「信用ある実績のKindle出版サービスをおすすめいたします。」三星さんのアドバイスはまさに五つ星サービスです。

もし土木技術者が
タイトル:もし土木技術者が校長先生になったら
著者名:若山壽之
ホームページ:学校法人古川学園中学校

kindlebottun






お客様の声7:主婦作家 宇川由真子様

2ヶ月で結婚

宇川由真子様からのお手紙:

 私は、この度「24ケ月以内に結婚できる本」の電子書籍を出版させて頂きました、宇川由真子と申します。私は、平凡なしかもPCに弱い一主婦でございます。私には、二人の娘がおり、二人共、結婚相談所で出逢った方とゴールイン致しました。その婚活の実体験は、正に“ネタ満載”!いかに男女間に感覚の差があるかという事を思い知らされたしだいであります。(真剣に婚活をされている方に“ネタ”という表現は不適切ではありますが・・・)。

 この様な経緯もあり、これから婚活をする方に効率の良い婚活の方法を伝授したくなり、今回の出版のはこびとなりました。実本ではなく、電子書籍を選択した理由は、安価である事、敷居の低さにありました。が、その電子書籍代行業者をどこにしたら良いのか、インターネット上では、玉石混交でどちらにお願いしたら良いのか、その選択に悩んだ覚えがあります。そんな中で、三星様にお会いし、その受け答えの内容の充実度やしっかりした態度に、三星にお願いする事に致しました。

 PCに弱かった私ではありますが、三星様は、めんどう見が良く、ご親切にフォローして頂き、とても有難かったものです。さながらPC教室の様な場面も・・・。表紙のデザインも抜群に良く、目立つ色使いと垢ぬけたイメージ画像等とてもセンスの良いものに仕上がり、大満足です。三星様の日頃よりの自己投資による、センスと勘を磨き上げた賜物であると、納得致しました。顧客満足度や、そのニーズに答えるべく、深く理解、研究されている事も驚きでした。強みとしては、デザインを他に委託することなく、自社で全部対応できる会社である事です。

 “電話一本の勇気”から、ご縁がつながり、平凡な一主婦が、電子書籍出版にこぎつけることができる時代になった事にも感慨深いものがあります。

タイトル:24ヶ月以内に結婚できる本 〜効率のいい婚活のすすめ〜
著者名:宇川由真子

kindlebottun




お客様の声8:名倉マミ様

2ヶ月で結婚

名倉マミ様からのお手紙:

 わたしの子供の頃からの夢は、文筆で身を立てることです。
わたしのブログに、Kindle出版サービスの三星さんがペタを付けていて下さったことがきっかけで、このサービスを知りました。最初はブログに、以前書いた小説「J」をupして皆さんに読んでもらおうと思っていたのですが、このサービスを利用すれば、紙の出版物とは比較にならないほどの廉価で(ケタが一つ二つ違います)、自費出版できると知り、じゃあやってみようかなと気軽な気持ちで始めてみた所、これまた紙の出版物とは比較にならないスピードで進んでしまいました。
 
 とにかく仕事が速いし、確実です。表紙のデザイン案が届いた時には、感激のあまり涙が零れてしまいました。勿論、一発OKでした!(^0^)まだまだ、夢を叶えたわけではありませんが、この度の「J」の出版は、その夢に近づく為の大きな布石となったと思います。只今、次回作を鋭意執筆中です!発表する時にはまた必ず、Kindle出版サービスのお世話になろうと思っています。


タイトル:J -ジェイ-
著者名:名倉マミ
ブログ:星垂れて平野闊く 月湧いて大江流る

kindlebottun





お客様の声9:シェフ作家 伊織ひろみ様

きっと料理を作りたくなる

伊織ひろみ様からのお手紙(質問形式でご回答をいただきました。):

Q:なぜ電子出版しようと思ったのですか?

A:そこに電子出版があったから・・・。(笑)というのは冗談のような本音です。紙媒体の出版の先行きがあまり芳しくないと思えたし、敷居が高すぎる、もしくは偏りすぎているように感じていたとき「電子出版」の文字が見え始めた。

Q:なぜ当サービスに決めていただいたのでしょうか?

これこそ、運命というか・・・。ある起業家さんが30万円ほどで電子出版スクールを開講するとアナウンスを手にしました。み月で必ず出版するとのこと。しかし僕にはそんなに予算はなく。あきらめましたがその時、電子出版と検索したのです。何故E.B.Pのサイトを開いたかはわかりません。指が吸い寄せられたのでしょう。人は往々にしてそういうことに出会います。
お金がふんだんにあれば出会わなかったサービスです。

Q:実際にサービスを利用してみた感想を教えて下さい。

A:最初はよくわかりませんでしたが、題名が決まり、表紙が決まり、そして推敲に次ぐ推敲・・・。それら全てに対応してくれたのです。よそは知りませんが、自分でも客商売をしているのでこの対応がどの程度のレベルなのかわかります。良いサービスとは、一流とかフォーマットされたとかとは違います。個々の声を聴き、それに精一杯応えること・・・。
ここは口だけではない、非常にコストパフォーマンスの高いサービスを提供してくれます。

Q:表紙のデザインはどうでしたか?

A:非常にシンプルかつ、吸引力をもち、品がよく、きれいです。このままリアル書籍の表紙としても素晴らしいものだと思えます。僕は一応美大生でした。デザインや色彩構成、平面構成を学びました。でも、直ぐに「いいな」と思いました。

Q:電子出版してよかったですか?

A:この答えは、四の五の言わず「YES!」っていうのが解りやすいですね。おいしいものに能書きは要らない「旨いっ!」と同じです。


Q:これから電子出版しようと考えている人に一言お願いします。

いつの時代にも、お金のない人、権威のない人、肩書のない人が突然飛び出す分野があります。活字、鉄道、石油、自動車、PC、アプリ・・・。
次は電子出版でしょう?敷居が低いのですから、どんどんトライして、誰かを元気にする、このe-bookに出会えてよかったと思う人がいる書籍を作りましょう?僕は次々と電子出版しますよ。実はリアルな出版社の公募に落ち続けた人間です。(笑)直接持ち込んだこともあります。見事なくらい全部断られました。だから電子出版と出会えたのです。でももの凄く良かったんだと思ってます。全部自由です。題名も、文字数も、表紙も、推敲、校正も価格も・・・。そして自分に全責任があります。それはとりもなおさずやりがいがあるということです。とても楽しいですよ。


スクリーンショット 2014-10-31 19.11.00 タイトル:きっと料理を作りたくなる本
著者名:伊織ひろみ
ホームページ:料理教室なら東京中目黒のRIANT

kindlebottun







お客様の声10:大澤勇様

祝福と和解

大澤勇様からのお手紙:

 わたしは、最初はamazon.Kindle電子書籍出版への自力での登録を試みました。
しかし初心者には手順が複雑で、何度も挑戦しましたがついに諦めました。
そして途方に暮れていたところで、たまたまこの代行サービスがあることを知ったのです。
最初は疑念も多かったのですが、説明内容がとても緻密で懇切丁寧で、いい加減なサイトではないと感じたのです。
そして接触してみますと、やり取りにも誠意を感じて料金の額もリーズナブルで、インチキやハッタリの無いことを確信するようになりました。

 そして実際の手続きに入りますと、私の知識不足にも丁寧に対応していただき、まったく気持ちよく配信まで進むことが出来ました。
表紙の作成や編集なども含めまして、やっていただいた作業の量と内容からすれば、申し訳ないほどに良心的な価格だったと思います。
不安や疑念にも誠実に対応してくれるので、迷っている人は安心して相談なさったら良いと思います。


タイトル:祝福と和解(永遠の幸せへの生き方)
著者名:大澤勇


kindlebottun



お客様の声11:照間和志様

88分の昭和史


照間和志様からのお手紙:

 「昭和史」を書き始めたのは3年前当時25歳の長女が従軍慰安婦のニュースを観ながら「日本は何時韓国と戦争したの?」と聞いてきたことが切っ掛けです、その後のやり取りは「日本は韓国とは戦争していない、アメリカと戦争をして多くの犠牲者を出した」「ウソ!何故アメリカと戦ったの?」。親としては情けない会話になりましたが、娘の何故戦ったのか?に応えられない自分に気が付きました、我々の世代は「教科書は現代史をやる前に時間切れ」だった為、明治維新以降の知識はTVや新聞からの掻き集めで系統だったものでは無かった為、知っているようで良く知らない現代史を自分なりにもう一度書き出してみようと思いました。

実際に書いてみると昭和史は複雑で情報があちらこちらに拡散してしまいます
そこで目標は“20代の娘に解る”昭和史のエッセンスをまとめる事にしました。
(88分は平均読書速度400文字/分で約90分弱の文字数を意味します)
原稿は当初書籍としての出版を目指し、出版社数社に原稿を送付しましたが、結果は自費出版への勧誘だけでした。
自費出版する経済的余裕は無く諦めかけていた時にネットで見つけたのが
「イーブックス・パブリッシング」でした。

申込み、原稿確認、出版まで短納期、低価格、更に三星さんから電子出版の基本ノウハウを伺い初めて知った「電子出版」の利便性は驚く事ばかりでした。
書籍が紙媒体から電子媒体に変わって行くのは思っているよりも早く、そして著者、読者の壁を越えて広がって行くように思います。
これからも電子出版に関わり、定年後も著者「照馬 和志」として活動出来れば妻に“粗大ゴミ”と言われずに前向きに過ごせそうな気がします。

因みにペンネーム「照馬 和志(テルマカズシ)」はマレーシア駐在時期に
覚えたマレー語の「Trimakasih=テレマカシ(ありがとう)」からの造語、
読んでくれた方へ感謝を込めたネーミングです。


タイトル:88分の昭和史
著者名:照間和志


kindlebottun


ご利用いただいた電子書籍出版代行サービスはこちら
↓↓


Kindle出版代行

このブログでは電子書籍コンサルタントの三星タツヤが、個人が電子書籍を出版するときに役立つ情報をお届けしています。

Copyright © 三星タツヤ オフィシャルサイト All Rights Reserved.